MENU

エステ脱毛とクリニック脱毛の違いとは?

自宅以外の脱毛方法には、大きく分けてエステでの脱毛と医療機関である美容クリニックの脱毛があります。それぞれの脱毛方法とメリットとデメリットを紹介します。

 

エステの脱毛

エステ脱毛 

費用や安全性の面で一番始めやすいのは、エステの脱毛。エステの脱毛は医療行為が禁止されているので、キセノンライトという出力の弱い光を利用してムダ毛の毛根を焼ききる方法です。

【メリット】
 エステの光脱毛は、出力が弱いのでお肌への刺激が少なく優しい脱毛痛みを感じることがほぼありません。また、光の種類によってはコラーゲンの生成を促進できる等の美肌効果が期待できます。
【デメリット】
 出力が少ない分、脱毛効果が弱いので利用する回数が多くなったり、黒色に反応させて脱毛するので、うぶ毛には効果が現れにくいこともあります。また、黒く日焼けしていると施術できないことがあります。

 

美容クリニックの脱毛

美容クリニックの脱毛は、大きく2つの方法があります。
昔から行われていたニードル=針を使って電気を流し、毛根を1本1本焼ききる方法と、レーザーを使った方法です。

 

【ニードルを使った方法のメリットとデメリット】
 ニードルを使う脱毛のメリットは、毛1本1本に対して確実に処理するので永久脱毛が期待できること。デメリットは、時間がかかり、費用も高くなります。また、かなりの痛みを伴うので続けられず断念する人も多いです。

 

【レーザーを使った方法のメリットとデメリット】
 レーザー脱毛のメリットは、ニードルに比べて広い範囲で脱毛ができるので、その分時間が短縮され、費用もやや低くなる上に、半永久脱毛シミや美肌への効果も期待でき、通う回数がエステの約半分位になり施術時間も短め。デメリットは、ニードルに比べると痛みはないですが、エステ脱毛よりは痛いと感じる人が多い点と費用がエステよりかなり高くなります。

 

エステ脱毛 

モデルや芸能人もエステ脱毛を利用することが多いことを考えると、脱毛効果が低く永久脱毛でなくても、痛みを避け、美肌効果が得られ、費用が安い点を好む人が多いということではないでしょうか。
モデルや芸能人の方は、例えばエタラビの30年通い放題脱毛のように、気に入ったサロンで自分の状態に合わせて、いつでも好きなときに脱毛でき、同時に美肌・アンチエイジング効果を得る方を好まれているようです。